無料配達キットのお問い合わせ

CLOSE

  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ 0120-156-091
  • 無料配達キットのお問い合わせ

ブランド楽市

プラチナの純度の違い

「プラチナジュエリー」というと、全てプラチナでできているような印象を受けますよね?でも実は、プラチナには純度に違いがあり、100%プラチナで作られているジュエリーはあまり無いのです。

プラチナの純度とは?

なぜプラチナ100%の
ジュエリーは少ないのか?

「「プラチナのジュエリーやアクセサリーの刻印でよく見る「Pt950」や「Pt900」などの刻印。 これは何のことなのかご存知でしょうか?

どちらも同じ「プラチナ」のことなのですが、実はプラチナの「純度(含有量)」を1000分率で表しているのです。1000分率なので、「Pt1000」の刻印があるプラチナ製品に含まれるプラチナの含有率(純度)はほぼ100%(純プラチナ)という意味となります。「Pt」の後に入る数字の数が1000に近づけば近づくほど、プラチナの含有率(純度)が高いということになり、プラチナとしての価値が高いものと判断されます。

しかし、プラチナはとても柔らかい金属で、純度が高いままだと、キズがつきやすかったり、変形しやすかったり、アクセサリーにはあまり向かない素材なのです。このため、多くのプラチナ製のジュエリー、アクセサリーには、割金と呼ばれるプラチナ以外の金属が使われています。これは、プラチナの耐久性や強度を高めるなど、プラチナの弱点をカバーする大切なもので、主にパラジウムが使われています。つまり、「Pt900」は、「プラチナ90%+パラジウム」を混ぜた「プラチナ合金」ということになります。

なお、日本の財務省が認めているプラチナは、「Pt850」までです。それ以下の純度のものはプラチナと呼ぶことはできません。

刻印 含有率
Pt1000 100%
Pt950 95%
Pt900 90%
Pt850 85%

プラチナとホワイトゴールドの違い

見た目はそっくり!
どちらも白い(銀色の)
貴金属。

プラチナとホワイトゴールド。どちらも高級ジュエリーに使われている白い貴金属です。見た目はそっくりのこの二つですが、素材は全く違います。プラチナは「プラチナ」という元素からできていますが、ホワイトゴールドは「金」に銀やパラジウムを混ぜて作られている、「加工によって白く作られた金」なのです。

素材が違うのですから、もちろん価格にも違いが出てきます。プラチナの方が希少価値が高く、加工する際には、金やホワイトゴールドの加工よりも、高度な技術が必要となります。このため、見た目や重さがそっくりのジュエリーでも、プラチナ製の方が、比較的高価になっています。

いますぐオンライン査定!

ページトップへ戻る